カラコンはエンジェルカラーが人気

カラコンはエンジェルカラーブランドを選ぶ人が多いですね。人気ランキングのカラーコンタクトでは、エンジェルカラーのハニーウィングが1位でした。2位が、HanaKorea社のハナSPCブラック。3位が、Migwang社のMIGWANG涙目ブラウン。4位が、EYEZOOのGLISTARグラマスアイズ。5位が、ビッグアイ2のナチュラルグリーンでした。ハニーウィングは、益若つばさちゃんが、色や大きさ、そして柄等の細部までこだわったカラーコンタクトです。試してみませんか。

カラコンのエンジェルカラーには、エッジカラーコンタクトやプレミア黒カラーコンタクト、そしてタトゥーコレクションやカラーコンタクトがあります。エンジェルカラーは、オーロラ効果の染料を使用しています。その為、自然な瞳の輝きが神秘的なイメージを演出します。また、エンジェルカラーはISO9001:2000の認証を取得しています。

カラコンのエンジェルカラーが取得している、ISO9001:2000は、国際標準化機構の品質管理と品質保証に関する規格です。製品を顧客へ提供する時に関連する、購買・資源・製造・作業者等の様々な業務管理内容を文書化しています。基本は、記録を残して管理すること、そして定期的にチェックして見直すことです。ISO9001:2000の取得によって、品質管理されたカラコンをエンジェルカラーは提供していることになります。

染料型カラコンのエンジェルカラーは装着感が良いと評判になっています。それは、染料が完全にレンズの中に吸収されているためです。一般の顔料型カラーコンタクトは、顔料プリンティング工法になっています。その為、酸素透過率が低下しています。酸素透過率が悪い、顔料型カラーコンタクトは着用時に不快感があります。エンジェルカラーのカラコンは、染料がレンズの中に吸収しているために、酸素透過性に優れています。酸素透過性に優れたレンズは装着した感じが抜群に爽快です。

カラーコンタクトを選ぶのなら、品質管理された染料型カラコンのエンジェルカラーですね。一度試してみませんか。

カラコンの規制で安全

カラコンの規制は、度が入っていないおしゃれ用の、カラーコンタクトレンズで目の被害が増えたことが原因です。厚生労働省は薬事法を改正しました。その為、おしゃれ用カラーコンタクトの、販売規制を行なうことになります。おしゃれ用の度が入っていないタイプのコンタクトレンズも、度入りのコンタクトレンズのように「高度管理医療機器」になります。

高度管理医療機器として販売規制される前の、カラーコンタクトレンズは雑貨品扱いでした。眼科医の診断がなくても、インターネットやディスカウントショップで、購入することができました。その為、粗悪品の流通や不適切な使用方法などから、「角膜炎」や「角膜びらん」等の障害が多発するようになりました。「角膜炎」とは、細菌やカビ等の感染や怪我、そしてコンタクトレンズによる外傷等で、黒目の部分の角膜に炎症が起こります。その為、眼の痛みや流涙や視力低下を引き起こします。「角膜びらん」とは、黒目の皮(角膜上皮)がめくれて角膜実質が露出した状態です。放置すると、角膜に感染がおきます。そのことから、オシャレ用カラコンは規制によって高度管理医療機器になりました。

オシャレ用カラコンの規制によって、製造工程や製造方法の審査があります。また、カラーコンタクトを販売する業者は、都道府県知事の許可を得る必要があります。そして、販売時には、カラーコンタクトの装着リスクを説明する必要もあります。

オシャレ用カラコンの規制によって、カラコンを購入する人も眼科医の処方が必要になります。今までよりも、購入する時にチョット面倒になりますね。しかし、品質管理された安全なカラーコンタクトレンズが、販売されることになります。また、都道府県知事から許可を受けた、信頼できる販売業者から購入することになります。そして、眼科医の処方と指導に従って使用するようになります。カラコン規制で、安全・安心で使用出来ます。